キャンピングカー選び方GUIDE

選び方を一つ一つ上げていきます

キャンピングカーを購入しよう

週末になると、河川敷にはたくさんの家族連れを見掛けます。一様に楽しげな表情を浮かべていますが、それもそのはずキャンプを満喫しています。バーベキュー、渓流釣り、川遊び…アウトドアの醍醐味は一言では語り尽くせません。しかし、昔と大きく様変わりしていることがあります。昔のようにテントで宿泊するスタイルではなく、キャンピングカーで泊まる家族が激増していることです。大きなキャンピングカーは、端から見ても迫力があり羨ましい限りです。寝室はもとより、キッチンやシャワーも備え付けてあります。野外での活動の難点と言えば、汗と汚れではないでしょうか。そのまま眠る訳にもいかず、苦労を強いられた人も多いのではないでしょうか。キャンピングカーはシャワーがあるので、そんな心配は無用です。専門の代理店も増えていますし、家族団欒にはマストなアイテムになりつつあります。

キャンピングカーで楽しい旅ができます

今一番欲しいもの、それはキャンピングカーです。この車は、生活ができる車です。車の中で料理ができ、また、ソファーやテレビ、ベッドなども置いて、くつろぐことができます。全国各地をこの車で旅してあちこち行くことも可能なのです。どんな人がキャンピングカーに乗っているかというと、定年退職した高齢者の人たちが主です。退職金でこの車を買い、楽しい老後の旅をしている、ということが多いのです。なんだか、とてもうらやましい話ですよね。ある男性の話を取り上げてみましょう。彼は教師をしていましたが、定年退職後は年金と貯金を使い、キャンピングカーを買いました。退職金は、車自体ではなくガソリン代など、車の維持費に充てたそうです。そして、買って5年近い今でも、車で全国各地を渡り行く旅を続けています。こんなすばらしい老後もあるのです。

自分にあったキャンピングカーを選ぼう!

キャンピングカーをいつかは持ちたいという人は多いのではないでしょうか。車内に寝るスペースやキッチンなどの設備がある車のことを指します。ファミリー層はもちろん、最近では定年退職した夫婦が所有している割合も増えてているようです。この車で、全国各地の旅を楽しんでいます。キャンピングカーなら、旅行に行きたいと思った時に宿の心配などをしなくてもよいので、気軽に出かけることができますし、完全なプライベートな空間なので、リラックスしながら旅ができるのも魅力です。少し高額なイメージがありますが、軽自動車などの車もあります。外車などですと500万以上するものも、軽自動車ですと安くて80万くらいのものもあるそうです。また、レンタルすることもできますし、中古車も豊富に種類があるので、自分の予算に合わせて選ぶことができます。

デルタリンクオリジナルモデルD.V.Dは大人の休日の遊び方を提案します。 キャンピングカー選びのポイントは通常の車と違い生活空間を選ぶということ。 ワンボックス車の内装などを加工したタイプのキャンピングカーはバンコンと呼ばれています。 近年、生活スペースが充実しているタイプのキャンピングカーが出荷台数を伸ばしています。 荷物がたくさん積めるので、遊び方にもいろいろ選べます。 快適なキャンピングカー販売「デルタリンク」に一度ご覧ください。