車検は高いというイメージを持っている人は多いのではないでしょうか。新車を購入した場合は3年後に、それ以外の場合は2年に1回の検査が法律で義務付けられており、その検査に合格しない車両は公道を走行することはできず、また認証を受けない車両を公道で運転した場合にはドライバーにも罰則があります。そのために期限が切れてしまうと大変ですので、早目に予約をいれておくことがおすすめですが、駆け込みのように期限が切れる直前に業者を探すとなると料金や代車の確保などで不利な条件となる場合があります。やはり余裕を持って臨むのが賢い方法だといえます。ディーラーで購入した場合には、数か月前に連絡案内がきますので、そのままディーラーに依頼をする人も多いものです。しかしよりリーズナブルに格安で済ませられる方法があります。

格安の業者に依頼すると大きな費用の差がみられる

一般的にディーラーに車検を依頼すると、法定費用以外に整備点検費用や部品交換費用、検査代行費用など様々な項目で費用が発生していることがあります。もっとも、安全に走行する状態をきちんと担保するために、ディーラーでは安全マージンを多目に確保する傾向がありますので、費用が高額になるのは当然であるといえます。しかし、必要性の低い部品まで交換を勧められるなど、料金の徴収に関して不満を持っている人も少なくありません。その点において格安業者は顧客が大変価格にシビアであるという状況もあり、整備点検に関してはかなりリーズナブルな費用で提示してくれます。部品交換についても、保安上の問題がありそのままでは検査に通過できない場合を除いて、ユーザーが交換の有無を判断できるようになっているケースが多くあります。

まずは複数の業者に見積もりを依頼するところから

格安の車検業者も年々増加してきており、価格競争も激しくなってきています。もちろん安全についてはきちんとした点検を実施しているために心配はありませんが、サービスの内容や割引などの違いは事前の見積もりで比較することがおすすめです。インターネットのサイトを利用して一括で見積もりする方法もありますので、車検の時期が近づいてきたら早目に作業を進めましょう。業者によっては早期割引サービスを実施している場合もあります。また代車を希望する場合には、台数に限りがあることが多いため、希望の日時を指定することで確保できます。なお、ディーラーでもその他の業者でも、法定費用(自賠責保険と重量税)に関しては同額となっています。この費用はどこで受けても変わらないこととなりますので注意しましょう。