格安の車検を受けるときの手順や流れの解説

自動車を所有している場合、2年に一度の車検(継続検査)を受けることは義務となっています。しかし、継続検査を受ける際の経費は大きな負担となってしまいます。もしも、継続検査の費用を抑えて格安で検査を受けたい場合の方法としては、自分で陸運局(軽自動車の場合には軽自動車協会)に車両を持ち込んで継続検査を受ける方法が最も効果的となります。この方法では、自動車重量税や自賠責保険料、そして検査手数料といったどのような方法で継続検査を受けても必ず必要となる費用(これを法定費用といいます)のみの支出となり、それ以外の費用は必要ありません。すなわち、必要最低限の費用のみの支出となりますので、最も格安となるのです。自分で継続検査を受ける際の手順や流れは特に難しいものではなく、誰にでも可能です。

格安で車検を受ける方法について

自動車を所有、あるいは使用している人にとって、2年に一度車検(継続検査)を受けることは義務となっています。継続検査の有効期限を過ぎてしまう前に継続検査を受けなければなりません。継続検査を受ける際には数万円から10万円程度の費用が必要となります。一回の支出にしては大きなものとなり、これは車を所有している人にとっての悩みとなります。もしも費用を抑える方法で車検を受けたいのであれば、ディーラーや業者などに依頼せず、自分で継続検査を受ける方法が一番格安な方法となります。この方法では、自動車重量税と検査手数料、そして自賠責保険料といった必ず必要となる費用(法定費用)のみの支出となります。それ以外の費用は一切必要ありません(タイヤなどの消耗品の交換が必要な場合には別途費用が必要です)。

自分で継続検査を受ける際の手順と流れ

自分で継続検査を受ける際には、まず予約が必要となります。インターネット上にある継続検査予約サイトで行うことになりますが、予約の際には車両番号や車台番号が必要となります。検査当日は、検査場に入る前に検査場近辺にある『テスター場』で予備検査を受けることをお勧めします。テスター場では、本番の継続検査と同様の検査を受けることが可能です。特にヘッドライトの光軸確認はテスター場で行うことが重要です。テスター場で問題が無ければ本番の検査でも殆ど合格すると考えてよいでしょう。本番の継続検査では検査ラインを通過することによって検査が行われます。行われる検査はタイヤの溝や車体、ヘッドライト点滅などの外回り確認が行われた後、前後及び駐車ブレーキの検査、スピードメーターの検査、ヘッドライドの光軸検査が行われます。その後、下回りの検査と排気ガスの検査が行われ、全てに問題が無ければ陸運局の窓口で新しい検査証と検査標章(ステッカー)が発行されます。検査員が詳しく説明してくれますので、初めての人でも安心して受検することが出来ます。