車検を格安で行っているところの探し方や選ぶときのポイント

車検の時期が来るたびに、今年は一体いくらくらいになるだろうかと心配になる人は多いことでしょう。初回であれば、部品交換や不具合箇所などはほとんどありませんから、それほど費用について問題はありませんが、2回目、3回目になると消耗部品の交換が色々と出てきます。部品交換が重なると、10万円以上の失費は覚悟しなければならないかもしれません。小型車であっても、ブレーキパッドを交換したり、バッテリーを交換したりということが重なれば、10万円を超えてきます。主だった消耗部品を交換してしまうと、次回はまた安くなる可能性が高いのですが、クルマ自体が古くなってくるので、故障個所が発生する可能性もあります。また年式が13年を超えると重量税が高くなるのも要注意です。

インターネットで価格比較を行う

そこで少しでも費用を安く抑える工夫が必要になってきます。具体的には見積もりを比較して、少しでも格安な料金で車検を行ってくれるところを探すことです。現代は便利な時代で、何でもインターネットを使えば価格の比較を行うことができ、エリア内においてどこが格安なのかを一発で調べることができるようになっています。自宅を中心に10キロ以内程度を目途に、最安値を探してみましょう。1000~2000円程度の差であれば、自宅から近いお店を選ぶほうが楽ですが、5000円以上の差であれば少し遠くでも選ぶ価値はありそうです。また、口コミ情報があると、そのお店の様子がわかるので安心感があります。格安な価格ばかりに気がとられて、肝心の整備がいい加減だったり、信頼性が欠けていては困ります。

ネットで比較後、見積もり比較で最終決定

車検の費用でお店ごとに違うので基本整備に関わる部分です。安いところと高いところでは20000円近くも基本整備費用が異なることもあります。また代行費用が請求される場合もあるので要チェックです。最終的にはトータルでどのくらいになるかを比較する必要があります。早期割引や初回割引、インターネット割引など各種割引などを提供している場合は、それもうまく活用すると良いでしょう。費用でわからないのは、部品交換の工賃です。クーラントの交換費用でも3500円~6000円前後まで費用が異なります。そのためある程度詳細な見積もりの比較を行いたいところです。通常、見積もりは無料なので、インターネットで比較し候補を3社くらいに絞った後は、実際に同じ条件で見積もりとってみると良いでしょう。